コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤコグサ(都草) ミヤコグサLotus corniculatus var. japonicus; bird's-foot trefoil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤコグサ(都草)
ミヤコグサ
Lotus corniculatus var. japonicus; bird's-foot trefoil

マメ科の多年草。コガネバナ,エボシグサともいう。日本各地をはじめアジア東部からヒマラヤに分布し,路傍の草地,河原などに普通に生える。北アメリカにも帰化して雑草となっている。茎は緑色で叢生し,直立するか地上をはう。葉は小型で柄のある3出複葉で,小葉は倒卵形全縁で長さ 1cm前後,葉柄の基部に小葉と同大の1対の托葉がある。春から夏に,葉腋から次々と花柄を出し,鮮黄色の小さな蝶形花を1~3個ずつつける。果実は線形の莢で熟するとねじれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤコグサ【ミヤコグサ(都草) Lotus corniculatus L.var.japonicus Regel】

黄色から黄金色の蝶形花をつけるマメ科の多年草で,線路,海岸,野原,道端などで目立つ。和名は都(京都)に多く生えていたためとされていたが,基本変種セイヨウミヤコグサL.corniculatus L.(英名bird’s‐foot trefoil)の漢名百脈根のうちミャッコングサ(脈根草)から由来したともいわれる。茎は地をはうか,または斜めに立ち上がる。葉は互生し,複葉で5枚の小葉があり,3枚は先端で掌状につき,2枚は基部で托葉のようにつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android