コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマオウム(深山鸚鵡) ミヤマオウムkea

翻訳|kea

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマオウム【ミヤマオウム(深山鸚鵡) kea】

オウム目オウム科の鳥(イラスト)。ケアともいう。全長50cm,全体が緑褐色をした大型のオウムで,上くちばしが長くのびていて鋭い。ニュージーランドの南島にのみ分布し,高山帯の低木の生えた岩地に群れですむ。ほとんど地上で生活し,花みつ,漿果(しようか),木の芽,球根などのほかに,昆虫類も食べる。繁殖期には,岩の穴や裂け目に1腹4個の卵を産む。ミヤマオウムは唯一の肉食をするオウムとしても有名である。ヒツジの屠殺場近くで捨てられたくず肉などを食べるが,ときには,生きたヒツジの背中に止まり,鋭いくちばしでつついて,ヒツジの脂肪を食べることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミヤマオウム(深山鸚鵡)の言及

【オウム(鸚鵡)】より

… オウム・インコ類は,アフリカ,アジア,オーストラリア,中南米に約320種が分布し,7亜科に分けられている。ミヤマオウム亜科は全長50cmの中型の2種からなり,暗オリーブ褐色の羽色で,くちばしの幅が狭く,上くちばしが長くのび,下方に湾曲している。ミヤマオウム(ケア)(イラスト)とカカがニュージーランドに分布する。…

※「ミヤマオウム(深山鸚鵡)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヤマオウム(深山鸚鵡)の関連キーワードケアオウム