コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマオウム(深山鸚鵡) ミヤマオウム kea

翻訳|kea

1件 の用語解説(ミヤマオウム(深山鸚鵡)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマオウム【ミヤマオウム(深山鸚鵡) kea】

オウム目オウム科の鳥(イラスト)。ケアともいう。全長50cm,全体が緑褐色をした大型のオウムで,上くちばしが長くのびていて鋭い。ニュージーランドの南島にのみ分布し,高山帯の低木の生えた岩地に群れですむ。ほとんど地上で生活し,花みつ,漿果(しようか),木の芽,球根などのほかに,昆虫類も食べる。繁殖期には,岩の穴や裂け目に1腹4個の卵を産む。ミヤマオウムは唯一の肉食をするオウムとしても有名である。ヒツジの屠殺場近くで捨てられたくず肉などを食べるが,ときには,生きたヒツジの背中に止まり,鋭いくちばしでつついて,ヒツジの脂肪を食べることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のミヤマオウム(深山鸚鵡)の言及

【オウム(鸚鵡)】より

… オウム・インコ類は,アフリカ,アジア,オーストラリア,中南米に約320種が分布し,7亜科に分けられている。ミヤマオウム亜科は全長50cmの中型の2種からなり,暗オリーブ褐色の羽色で,くちばしの幅が狭く,上くちばしが長くのび,下方に湾曲している。ミヤマオウム(ケア)(イラスト)とカカがニュージーランドに分布する。…

※「ミヤマオウム(深山鸚鵡)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミヤマオウム(深山鸚鵡)の関連キーワードアンモニウム塩鸚鵡小町鸚鵡病黄巴旦海鸚鵡烏秋鸚鵡の杯オウム被害者救済法おうむ偽証するおうむ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone