ミヤマゼンコ(読み)みやまぜんこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマゼンコ
みやまぜんこ / 深山前胡
[学]Coelopleurum multisectum (Maxim.) Kitag.

セリ科の多年草。茎は高さ40~60センチメートル。葉は2~5回3出羽状の複葉。葉柄の基部は鞘(さや)状に膨らみ、赤みを帯びる。7~8月、散形花序をつくり、白色花を開く。名は、ノダケ(中国名前胡(ゼンコ))と同じセリ科で、高山に生えることによる。日本の特産種で、高山帯の草原や砂礫(されき)地に生え、中部地方に分布する。
 エゾノシシウド属はシシウド属Angelicaに近縁であるが、系統的により古いと考えられており、北半球の寒帯に4種、日本には本種のほかエゾノシシウドとエゾヤマゼンコの2種がある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android