コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマハンショウヅル

百科事典マイペディアの解説

ミヤマハンショウヅル

ハンショウヅル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマハンショウヅル
みやまはんしょうづる / 深山半鐘蔓
[学]Clematis ochotensis (Pall.) Poir.

キンポウゲ科の藤本(とうほん)(つる植物)。葉は2回3出の複葉で、質は薄く、小葉は先がとがり、粗い鋸歯(きょし)がある。6~8月、赤紫色花を1個ずつ下向きに開く。花は三角形状の鐘形で長さ約3センチメートル。主として高山帯の低木林内に生え、本州、北海道、および千島、カムチャツカ、樺太(からふと)(サハリン)、東シベリアに分布する。名は、全体がハンショウヅルに似るが、高山に生えることによる。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミヤマハンショウヅルの関連キーワードハンショウヅル(半鐘蔓)