コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミリスチルアルコール myristyl alcohol

世界大百科事典 第2版の解説

ミリスチルアルコール【myristyl alcohol】

化学式CH3(CH2)13OH。1‐テトラデカノールともいう。炭素数14の直鎖アルコール。天然にはマッコウ鯨油,ツチ鯨油などに少量存在する。室温で白色結晶。融点38℃,沸点292℃,比重d420=0.8355,屈折率nD20=1.4470。水に不溶エーテルには自由な割合で混合する。エチルアルコールに易溶。希エチルアルコール溶液から小片状に結晶するので,精製に利用される。硫酸エステル化して界面活性剤として用い,各種クリーム,スティック製品などの化粧品の粘稠度付加剤とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android