コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルチヤ老公 ミルチヤろうこうMircea cel Bǎtrîn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミルチヤ老公
ミルチヤろうこう
Mircea cel Bǎtrîn

[生]?
[没]1418
ワラキア公 (在位 1386~1418) 。ダン1世の弟。初めポーランド,次いでハンガリーと結んで南方に進出し,ドブルジャを獲得。 1389年オスマン帝国に対するバルカン諸国連合軍の戦いに参加。 91,94年の3回にわたりオスマン帝国軍の来襲を阻止。しかし 94年ミルチヤの強権的支配に不満をいだいた大貴族の抵抗にあい,ポーランド,オスマン帝国と結んだブラド簒奪公に公位を奪われた。ハンガリーの支援で 97年復権,オスマン帝国軍を撃退。 1401~06年チムールの来襲によるオスマン帝国の混乱に乗じて黒海沿岸に領土を拡大した。 09~16年オスマン帝国の内政に干渉,セサロニキに遠征して敗北し,17年領土の保全と信仰の自由を条件に帝国の宗主権を承認した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミルチヤ老公の関連キーワードルーマニア史バサラブ朝

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android