ミレッド(英語表記)mired

デジタル大辞泉の解説

ミレッド(mired)

色温度の逆数に106を掛けた数値。光源を色温度で考えると、色温度が高い場合は色差が小さく、低い場合は大きいため、色差が色温度によって異なる。この点ミレッドは、ミレッド差が同じであれば色差も同じになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ミレッド

  色温度 はふつうケルビン(記号K)で表示するが、 色温度変換フィルター はミレッドという単位で表示することが多い。ミレッドとは色温度の逆数(1/色温度)に10の6乗(100万)をかけ算したもので、Mという記号で表す。  ミレッドで表すと色差がすぐにわかるので、色温度フィルターを使う場合にはミレッドのほうが便利である。たとえば、赤みを抑えるC2フィルターは「20ミレッドだけ色温度を上げる」ということを意味する。カラーメーターもミレッドで表し、換算表によって、適合する色温度変換フィルターを探すようになっている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android