ミーアキャット

精選版 日本国語大辞典「ミーアキャット」の解説

ミーアキャット

〘名〙 (meerkat) ジャコウネコ科の小形の哺乳類。頭胴長二五~三五センチメートル、尾長一九~二四センチメートル。雑食性で小群をなし、巣穴の入口付近に集って後ろ足で立ち上がり敵を警戒する。南アフリカなどに分布。スリカタ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のミーアキャットの言及

【スリカタ】より

…しばしば後肢で立ち上がりプレリードッグに似た姿勢をとるジャコウネコ科の食肉類。ミーアカット,ミーアキャットともいう。アンゴラ南西部,ナミビア,ボツワナ,南アフリカの乾燥地帯に分布。…

【マングース】より

…多くのものは単独で生活し,繁殖期のみつがいを形成するが,最小種のコビトマングースHelogale parvula(東・南アフリカ)のように2~5頭の群れで日中活動をするものや,10~24頭の群れをつくるクシマンセCrossarchus obscurus(英名cusimanse。アフリカのギニア北岸),数十頭で地中の穴を巣とするキイロマングースCynictis penicillata(アフリカ南部)やスリカタ(ミーアキャット,ミーアカット)Suricata suricatta(アフリカ南部)などがある。 大部分の種類は地上生だが,巧みに木に登るものもあり,シマオマングース(ワオマングース)Galidia elegans(マダガスカル)はふつうに木に登る。…

※「ミーアキャット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android