コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムキタケ

百科事典マイペディアの解説

ムキタケ

ツキヨタケ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムキタケ
むきたけ / 剥茸
[学]Panellus serotinus (Fr.) Khner

担子菌類、マツタケ目キシメジ科の食用キノコ。傘は径5~10センチメートルの半円状腎臓(じんぞう)形、きわめて短い柄(え)を横につける。表面はくすんだ緑色を帯びた黄茶色で、細かい毛で覆われる。表皮の下にはゼラチン層があるので表皮がはがれやすく、皮をむいて食用にすることからムキタケの名がある。胞子紋は白。胞子は4~5マイクロメートル×1マイクロメートルのソーセージ形。秋やや遅く、主としてブナの枯れ木や倒木に数多く群生する。同じ木に外観の似た毒キノコであるツキヨタケが生えることがあるので注意が必要である。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムキタケの関連キーワードツキヨタケ(月夜茸)ヒラタケ(平茸)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android