ムギセンノウ(麦仙翁)(読み)ムギセンノウ(英語表記)Agrostemma githago ; corn cockle; purple cockle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムギセンノウ(麦仙翁)
ムギセンノウ
Agrostemma githago ; corn cockle; purple cockle

ムギナデシコともいう。ナデシコ科一年草。ヨーロッパ原産で観賞用として栽培される。茎は直立して高さ 60~80cmに達する。細く長い線形または線状披針形の葉を対生する。全草に長い毛が目立つ。初夏,枝先の葉腋から長い花柄を出し,紫色または桃赤色の花を1個ずつつける。片 (がくへん) は5枚で,下部で癒着して筒状になる。花弁は5枚で萼片より短い。おしべは 10本,花柱は5本ある。果実は卵形の 蒴果で先端が5裂し,宿存性の萼に包まれる。花径5~8cmになる大輪品種もある。秋に種子をまき,日当りのよい場所で育てる。じょうぶで土質は特に選ばない。草丈が伸びると倒伏することがあるので,早めに支柱を立てるとよい。こぼれ種からもよく繁殖する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android