コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムツァムドゥ Mutsamudu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムツァムドゥ
Mutsamudu

コモロ東部,ンズワニ島北西岸にある町。同島の中心地。コーヒー,バニラを産する。 17世紀のアラブの建築物,モスク,空港などがある。人口1万 2500 (1980推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ムツァムドゥ(Mutsamudu)

コモロ諸島東部、アンジュアン島北西岸の町。同島の中心地であり、自治政府が置かれる。15世紀末にアラブ人が港を築き、のちにスルターンが支配するイスラム小王朝の都となった。当時の面影を残す旧市街や港を一望できる城砦がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ムツァムドゥ

アフリカ東岸沖のインド洋上の島国,コモロの町。同国の主島ヌジャジジャ島の南東にある,ヌズワニ島の北岸に位置する。島の行政の中心地となっている。漁業と牧畜が行なわれ,バニラ,ココナッツ,バナナなどが栽培されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ムツァムドゥの関連キーワードフォンボニ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android