コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムニンノボタン(無人野牡丹) ムニンノボタンMelastoma tetramerum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムニンノボタン(無人野牡丹)
ムニンノボタン
Melastoma tetramerum

ノボタン科の常緑小低木で,小笠原諸島父島に特産する。高さ 1m前後で根もとからよく分枝し,赤褐色の樹皮をもつ。葉は短い柄があって対生し,長さ3~8cmの卵状長楕円形で両端はとがり,3本の葉脈が縦にほぼ平行して走り裏面に隆起する。葉の両面と縁に硬く短い毛が密生する。花は6~7月に咲き,白色4弁で径3~4cm,おしべ8本が紅紫色の (やく) をもち美しい。現在知られている自生の株は父島に1~2株しかない絶滅危惧種であるが,人工的な増殖によって現地還元がすすめられている。同諸島の母島には本種に近縁で花が5弁,淡紅色のハハジマノボタン M.pentapetalumがやはり固有種として知られる。なお,和名のムニンは小笠原の古名,無人島 (ぶにんじま) に基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android