コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド風刺画騒動 むはんまどふうしがそうどう

2件 の用語解説(ムハンマド風刺画騒動の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ムハンマド風刺画騒動

2006年2月、イスラム教の最後の預言者であるムハンマドの風刺画を掲載した欧州紙への抗議が、ヨーロッパ諸国の在外公館への放火事件にまで発展した暴動騒ぎ。05年9月にデンマーク紙「ユランズ・ポステン」がムハンマドの風刺漫画を掲載、06年1月にノルウェーキリスト教系雑誌が風刺画を再掲載して、イスラム諸国での反発が広がった。ユランズ・ポステン紙は同年1月末に謝罪したが、2月1日に仏独など欧州諸国紙が転載。世界各地でイスラム教徒の反発が激化し、騒動は拡大した。シリアでデンマークとノルウェーの大使館が、レバノンでデンマーク領事館が放火された。ソマリアでは抗議集会で治安部隊が発砲し、1人が死亡。イランは抗議のためにデンマークとの通商関係を断絶した。同年2月7日、国連、EU、イスラム諸国会議機構(OIC)の三者協議が行われ、関係者への対話と沈静化を呼びかける声明が発表された。しかし同月中旬にはリビアイタリア領事館が放火され、11人の死傷者を出した。イスラム教徒の欧米キリスト教徒諸国に対する反感は、イラク戦争などに見られる一連の米欧の中東政策への不満であり、根の深い問題である。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2007年)

ムハンマド風刺画騒動

2005年9月30日、デンマークの保守系紙「ユランズ・ポステン(Jyllands‐Posten)」が、イスラムの預言者ムハンマドの風刺画12枚を掲載した。風刺画のなかには、黒い布を頭に巻いたムハンマドの頭部から導火線が延びているものもあった。06年に入って、ノルウェー紙が風刺画を再掲載し、イスラム世界で反発が広がった。ユランズ・ポステン紙は、1月末に掲載に関して謝罪したが、2月に入り、フランスドイツなどの欧州諸国の新聞が表現の自由を理由に風刺画を転載し、イスラム世界の反発が激化。デンマークやノルウェーの在外公館への放火、デンマーク製品の不買運動や抗議デモなどが起こった。イスラム世界における風刺画への反発は、イスラムの預言者を風刺の対象としたこと、イスラムで厳しく禁止されている偶像崇拝につながることなどの理由による。

(岩井洋 関西国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムハンマド風刺画騒動の関連キーワードアモスアリーエゼキエルエレミヤハディースアブーバクルイスラム聖戦機構ミッラージュイスラム教のスカーフシーア派とスンニ派

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone