コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラカ Melaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラカ
Melaka

マレーシアマレー半島南西部,マラッカ海峡に面する港湾都市。ムラカ州の州都。英語ではマラッカ Malacca。マレー半島随一の古都で,15世紀初頭からマラッカ (ムラカ) 王国の首都となり,スズの積出港として,またアラブやインドと中国,マレー諸島を結ぶ中継貿易港として栄えた。1511年ポルトガル,1641年オランダが占領。1824年にイギリスが領有し,1826年自由港となって海峡植民地に組み込まれ,1867年には直轄植民地とされた。沈泥のために港の機能が低下し,シンガポールに繁栄を奪われたが,現在もゴムの重要な輸出港である。要塞の跡やフランシスコ・ザビエルを安置していた聖パウロ聖堂などがあり,オランダ・ポルトガル時代の雰囲気をとどめる。2008年ピナンとともに,マラッカ海峡の歴史的都市群として世界遺産の文化遺産に登録。大都市圏人口 14万9518 (2000速報値) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムラカの関連キーワードバンキムチャンドラ・チャトーパーディヤーエ村上隆がコピーライトで世界へ竹本 津太夫(4代目)マラッカキリスト教会ジェイ ルービンジョホール王国瀬川 洋一郎マラッカ王国竹本 緑太夫アルブケルケ村上 浪六貞光 義次ムラカ王国村上 兵衛キャメロン村上 冬樹村上 鬼城村上 正治村上 元彦リアウ諸島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android