コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムレシュ[川] Mureş

世界大百科事典 第2版の解説

ムレシュ[川]【Mureş】

ルーマニアとハンガリーを流れるティサ川の支流。ハンガリー語でマロシュMaros川。古代から知られた川で,古名をマリスMaris川という。全長766kmで,ティサ川支流中,最大の川であり,うち718kmはルーマニア領内を流れる。源流は東カルパチ山脈中のジュルジェウ盆地のボシュラベニ村の標高850mの地点である。トポリツァ・デダ峡谷を経て,トゥルグ・ムレシュまで急流をなすが,トランシルバニア盆地に入ると,流れは緩やかになり,湿地をつくりながら蛇行する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムレシュ[川]の関連キーワードトゥルグ・ムレシュ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android