コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガリー語 ハンガリーご Hungarian language

6件 の用語解説(ハンガリー語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンガリー語
ハンガリーご
Hungarian language

自称はマジャール語ハンガリーを中心に,旧ソ連,ルーマニアチェコスロバキア,旧ユーゴスラビアなどに 1400万人以上の話し手をもつ。ウラル語族最大の言語。フィン=ウゴル語派のなかのウゴル語派に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハンガリー‐ご【ハンガリー語】

ウラル語族フィン‐ウゴル語派に属する言語。ハンガリーのほか、その周辺諸国に使用者をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハンガリー語【ハンガリーご】

ハンガリー人(マジャール人)の言語。マジャール語とも。西シベリアマンシ語ハンティ語とともにウラル語族のフィン・ウゴル語派のウゴル語派をなし,フィン語派の諸語,サモエード諸語親族関係にある。
→関連項目ルーマニア語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハンガリーご【ハンガリー語 Hungarian】

ハンガリーの公用語で,ハンガリー国内を中心として,ルーマニアのトランシルバニア地方,セルビア共和国北部のボイボディナ地方,スロバキアなどで話されている。自称はマジャールMagyar語。話し手の数は約1300万。方言的差異は比較的少ないが,セーケイ方言(トランシルバニア地方),パローツ方言(スロバキア)は,他の諸方言とかなり異なった特徴を示す。系統上では,ウラル語族のウゴル語派に属し,ロシア連邦の西部シベリアの少数言語ボグル(マンシ)語オスチャーク(ハンティ)語と最も近い関係にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハンガリーご【ハンガリー語】

ハンガリーの公用語。ウラル語族フィン・ウゴル語派のウゴル諸語に属する言語。主にハンガリー・ルーマニア・セルビア・スロバキア・オーストリアなどに分布する。正式にはマジャール語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンガリー語
はんがりーご

ウラル語族のウゴル語派に属する言語。系統的には西部シベリアのオビ・ウゴル語マンシ語ハンティ語)ともっとも近い親縁関係にある。自らはマジャール語と称する。ハンガリー語を話す人口総数は約1400万人で、そのうち約1000万人がハンガリー国内におり、他はルーマニアのトランシルバニア地方(約160万)、旧ユーゴスラビアの北部(約50万)、スロバキア地方(約40万)、ウクライナ地域(約15万)、オーストリア東部(約1万5000)などに少数民族として住んでいる。このほか、アメリカカナダオーストラリアなどのハンガリー系移民のなかにもかなりのハンガリー語人口がある。方言的差異はそれほど大きくはないが、トランシルバニア地方のセーケイ方言、スロバキア地方のパローツ方言は顕著な特色を示す。ハンガリー語の特徴としては、音韻面では厳密な母音調和をもつこと、形態面では、格語尾によって示される格の数が20近くあること、名詞の所属人称語尾があること、動詞の人称活用に主体活用のほか対象活用があること、また、三人称を主語とする文において繋辞(けいじ)(コピュラ)を用いないこと、などがあげられよう。ハンガリー(マジャール)民族は、その先住地と推定されるウラル山脈付近から長期間の民族移動によって、9世紀末に現在の住地、ドナウ盆地に入ったが、その間ハンガリー語はチュルク語から多くの語彙(ごい)を借用した。さらに、ドナウ盆地に定住したのちは、周辺のスラブ諸語から、またハプスブルク・オーストリアの統治時代にはドイツ語から、多くの借用語を受け入れた。ハンガリー語の古い記録に関しては、すでに10世紀ごろの東ローマ帝国の文書に地名・人名などが記されているが、ハンガリー語で書かれた最古の文献は、12世紀末のラテン語文書中に挿入された短い「死者の辞」である。文字は現在もラテン文字が用いられる。[徳永康元]
『今岡十一郎著『ハンガリー語4週間』(1969・大学書林) ▽岩崎悦子、浅津ケステューシュ・エルジェーベト著『ハンガリー語I』(1987・大学書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハンガリー語の言及

【ウラル語族】より

…ウラル語族はまずフィン・ウゴル語派サモエード諸語に大別される。さらにフィン・ウゴル語派は,バルト・フィン諸語Balto‐Finnic(フィンランド語,カレリア語,エストニア語,ボート語ほか)やモルドビン語,チェレミス語(マリ語),ボチャーク語(ウドムルト語),ジリャン語(コミ語)などを含むフィン語派Finnicと,ハンガリー語,ボグル語(マンシ語),オスチャーク語(ハンティ語)などを含むウゴル語派Ugrianに区分される(図)。これら言語の間には基本的語彙に厳密な音韻の対応が見られる。…

【母音調和】より

…tietä‐ä〈知る〉という動詞には,前舌用の第1不定詞語尾‐äがついているが,この語から派生した名詞形tieto〈知識〉には後舌母音oが用いられている。 ハンガリー語(方言)でも母音は同じく,(a)前舌群/ü[y],ö[φ],ɛ/と,(b)後舌群/u,o,a[ɒ]/,それに(c)中立群/i,e/の3グループに分かれている。例:後舌母音のみ tanuló〈生徒〉,前舌母音のみ tükör〈かがみ〉,中立母音と後舌母音から ceruza〈鉛筆〉,中立母音と前舌母音から rövid〈短い〉。…

※「ハンガリー語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハンガリー語の関連キーワードオーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲ハンガリー幻想曲ハンガリー国立歌劇場管弦楽団ハンガリー国立交響楽団ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団ハンガリー田園幻想曲ハンガリー舞曲集ハンガリー国立バレエ団ハンガリー岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンガリー語の関連情報