コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティサ川 ティサがわ Tisza

2件 の用語解説(ティサ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティサ川
ティサがわ
Tisza

ドナウ川の中流部に注ぐ主要な支流の一つ。ルーマニア語,セルボ=クロアチア語では Tisaロシア語では Tissaと綴る。ドイツ語ではタイス Theiss。 Tiszaはハンガリー語。全長 977km,うち 579kmはハンガリー領。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティサ川
てぃさがわ
Tisza

東ヨーロッパの川で、ドナウ川の一大支流。セルビア語、クロアチア語、ロシア語、ルーマニア語ではTisaと綴(つづ)る。Tiszaは英語、フランス語。ドイツ語名はタイス川Theiss。カルパティア山脈中に水源をもち、上流部で数多くの支流を集め、ハンガリー平野に入ると著しく蛇行しながら西側を流れるドナウ川と平行して南流し、セルビアのベオグラード北北西45キロメートルの地点でドナウ川に合流する。全長966キロメートル、流域面積15万7100平方キロメートル。ハンガリー平原の黒土地帯の灌漑(かんがい)に利用される。下流700キロメートルは喫水の浅い船なら航行可能である。下流には至る所に沼沢地があり、沿岸には多くの三日月湖ができている。ティサ川とドナウ川との間には、セルビアとハンガリーがそれぞれ運河をもっている。なおティサ川は流量変化がかなり大きいので、ダムで調節している。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティサ川の関連キーワード銭塘江ドナウ川モラバスリナドナウタワードナウベンドドナウ川のさざ波サバ[川]ネグロ[川]プルート[川]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティサ川の関連情報