コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラド アラド `Arad

6件 の用語解説(アラドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラド
アラド
`Arad

イスラエル南部,ネゲブ地方北東部の町。名称は聖書のアラドからとられたもので,その遺跡は,東北東 9kmのテルアラドにある。町の名は前 10世紀のエジプト王の凱旋碑文のなかにみられる。現代のアラドは 1921年に定住が開始されたが,水の欠乏のために失敗した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アラド
アラド
Arad

ルーマニア西部,ハンガリーとの国境にあるアラド県 (面積 7652km2。人口 48万 7400〈1992推計〉) の県都。ハンガリー系住民の占める割合が多い。中世の要塞であったが,1551年トルコ軍に征服され,1685年にオーストリア領になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アラド(Arad)

ルーマニア西部の都市。ハンガリーとの国境に近く、ムレシュ川沿いに位置する。16世紀半ばから17世紀末までオスマン帝国領。旧市街には、オーストリアハンガリー帝国時代に建てられたバロック様式や新古典主義様式の建造物が数多く残っている。同国西部における交通の要衝であり、商業、製造業が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アラド

ルーマニア西部,ハンガリーとの国境に近い商工業都市。ドナウ川支流のムレシュ川に臨み,鉄道の結節点。ブドウや木材の集散地で,工作機械・繊維・皮革工業行われるルーマニア正教会の主教座所在地で,教育大学,獣医大学がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アラド【Arad】

ルーマニア西部,同名県の県都。ハンガリーとの国境付近に展開するルーマニア西部平原の中央部を流れるムレシュ川の北岸に位置する。人口18万8000(1994)。標高107m,年平均気温10.7℃,平均年降水量578mm。鉄道や道路交通上の要衝で,工業の中心地である。工作機械をはじめ,車両,繊維,塗料などの工業が発達し,ブドウや木材の集散地でもある。ハンガリー人も多数居住する。ルーマニア正教会の主教座所在地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラド
あらど
Arad

ルーマニア西部、アラド県の県都。西部平原を流れるムレシュ川右岸にあり、人口17万2824(2002)。交通の要衝を占め、工作機械、自動車、染料、綿織物、家具、食品、皮革などの工業が発達している。ワインや果実の集散地でもある。青銅器時代からの遺跡が残り、古名はウロドUrod。伝統文化が保存され、国立劇場、人形劇場、交響楽団のある文化都市である。17世紀のセルビア正教会や18世紀のスフント・シミオン修道院がある。[佐々田誠之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラドの関連キーワードシビウティミショアラブラショブルーマニアオルーロナジバーラドベスプレームハンガリー岩オラデヤクルターグ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラドの関連情報