コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムワッヒド朝美術 ムワッヒドちょうびじゅつAlmohad art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムワッヒド朝美術
ムワッヒドちょうびじゅつ
Almohad art

12世紀前半からおよそ 1世紀の間,モロッコを中心としたマグレブ地方,およびスペイン南部で展開したムワッヒド朝下のイスラム美術。チンマルの大モスク,マラケシュクトゥビーヤ・モスクラバトハサン・モスクなどが代表的遺構。中庭が小さいこと,礼拝室内にカイラワーンのモスクと同様の T字形配置の中央廊構成がみられることなどが平面上の特色。セビリアのヒラルダの塔と呼ばれるミナレットも古典的傑作(→セビリア大聖堂)。マラケシュやラバトの城門にみられる多弁形アーチを組み合わせた簡素で力強い装飾は,マグレブ様式独特のもの。13世紀以後,幾何学文の絹織物も織られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android