ムワッヒド朝美術(読み)ムワッヒドちょうびじゅつ(英語表記)Almohad art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムワッヒド朝美術
ムワッヒドちょうびじゅつ
Almohad art

12世紀前半からおよそ 1世紀の間,モロッコを中心としたマグレブ地方,およびスペイン南部で展開したムワッヒド朝下のイスラム美術。チンマルの大モスク,マラケシュクトゥビーヤ・モスクラバトハサン・モスクなどが代表的遺構。中庭が小さいこと,礼拝室内にカイラワーンのモスクと同様の T字形配置の中央廊構成がみられることなどが平面上の特色。セビリアのヒラルダの塔と呼ばれるミナレットも古典的傑作(→セビリア大聖堂)。マラケシュやラバトの城門にみられる多弁形アーチを組み合わせた簡素で力強い装飾は,マグレブ様式独特のもの。13世紀以後,幾何学文の絹織物も織られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android