コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メスエン条約 メスエンじょうやくTreaty of Methuen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メスエン条約
メスエンじょうやく
Treaty of Methuen

1703年 12月 27日ポルトガルイギリス間に締結された通商条約。条約名はイギリス代表ジョン・メスエンに由来。この条約によってポルトガルは,それまで禁止されていたイギリスの毛織物の輸入を認める一方,フランス,スペインのぶどう酒の3分の1の関税でイギリスに自国産のぶどう酒を輸出できることとし,それによって対イギリス交易の入超を是正しようとした。この結果,ポルトガルにおけるぶどう栽培は穀物生産を犠牲にして行われ,一方ぶどう酒産業はイギリス資本に支配され,ポルトガル経済の対イギリス従属を強めたが,従来いわれているように,この条約によってポルトガルの工業化が阻害されたというのは誤りで,ポルトガルの工業化の問題は,植民地ブラジルからの金の流入と密接な関係がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メスエン条約
めすえんじょうやく

1703年にイギリスとポルトガルとの間で結ばれた通商条約。締結交渉にあたったイギリスの駐ポルトガル大使ジョン・メスエンJ. Methuenの名をとってこうよばれる。当時フランスのルイ14世に対抗して、オランダ、オーストリアなどとともに「大同盟」を形成していたイギリスは、ポルトガルをこの同盟に参加させて反フランス陣営に引き入れると同時に、メスエン条約を結んでポルトガル産ワインの輸入関税率をフランス産の3分の2に抑え、かわりにポルトガルにはイギリス製毛織物製品の輸入を認めさせた。イギリスはブラジル市場も獲得したが、一方ポルトガルの毛織物産業は致命的打撃を受けた。[大久保桂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メスエン条約の関連キーワードペドロ2世[ポルトガル王]ジョアン5世(寛大王)ポンバル

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android