メソシデライト(英語表記)mesosiderite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソシデライト
mesosiderite

石鉄隕石のうちおもな組成が輝石斜長石と鉄-ニッケル合金であるもの。石鉄隕石のもう一つのグループであるパラサイトよりは,落下が目撃されるものの割合が多い。メソシデライトの石質部分はエイコンドライトのユークライト,ハワーダイトに似ており,これらは互いに成因的な関連があると思われているが,詳しいことはわかっていない。メソシデライトの金属相のニッケルの含有量とその分布の様子から,この部分は 500~350℃の温度範囲において 1000万年に1℃の割合で下降したことが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のメソシデライトの言及

【石鉄隕石】より

…ニッケル鉄とケイ酸塩鉱物が混合した隕石で,おもなものにパラサイトpallasiteとメソシデライトmesosideriteがある。パラサイトの組織は地球の岩石には見られないもので,地球以外の天体からきたものだと最初に確認されたのがこの隕石である。…

※「メソシデライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android