コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソ気象学 めそきしょうがく mesometeorology

2件 の用語解説(メソ気象学の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

メソ気象学

総観気象学」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソ気象学
メソきしょうがく
meso-meteorology

数kmから 2000km四方の範囲内で起こる現象を対象とする気象学。雷雨,集中豪雨,竜巻などが対象に含まれ,局地的な気象予報には欠かせない。これに対し数千kmの広がりをもつ範囲内の高・低気圧,台風などを対象とするものを総観気象学,数mから数百mの小規模な風の乱れや温度分布などを対象とするものを微気象学という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メソ気象学の関連キーワード高層天気図総観気象学OHレーダー合成開口レーダー三次元レーダーTRレーダープレーリーダーエコレーダーカラフルレーダーレーダー測距

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone