コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソ気象学 めそきしょうがくmesometeorology

知恵蔵の解説

メソ気象学

総観気象学」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソ気象学
メソきしょうがく
meso-meteorology

数kmから 2000km四方の範囲内で起こる現象を対象とする気象学。雷雨,集中豪雨,竜巻などが対象に含まれ,局地的な気象予報には欠かせない。これに対し数千kmの広がりをもつ範囲内の高・低気圧,台風などを対象とするものを総観気象学,数mから数百mの小規模な風の乱れや温度分布などを対象とするものを微気象学という。なお,メソという規模は,中間規模(200~2000km)と,中規模(2~200km)に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メソ気象学の関連キーワード藤田哲也

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android