コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総観気象学 そうかんきしょうがくsynoptic meteorology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総観気象学
そうかんきしょうがく
synoptic meteorology

気象学の一分野で,数千kmの規模を扱うもの。それより大きい規模を地球規模といい,数百kmの規模を中規模という(→メソ気象学)。数百kmから 2000kmの規模も含めて中規模ということもある。中高緯度地方の天気予報では高・低気圧の動き方が重要であり,天気図に描かれた気象の意味を読み取って気圧配置の変化を予測に役立てる総観気象学が比較的古くから発達した。高層気象観測網も総観規模の天気現象を知るために欠かせない。しかし,近年はレーダ気象衛星で中規模現象もとらえられるようになり,総観規模よりきめの細かい天気予報が行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

総観気象学

天気図、雲分布、レーダー観測などを基に広い地域の大気の状態を解析して、その構造や変化を研究する気象学の部門。3000〜5000kmの水平スケール(総観規模)の高気圧や低気圧、前線などを扱うのが総観気象学で、約2〜2000kmの水平スケールの集中豪雨、豪雪、雷雨、竜巻、積乱雲などの現象を扱うのがメソ(中規模)気象学。微気象学は、地面から地上約100mまでの気層の微細スケールの現象を扱う。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

総観気象学【そうかんきしょうがく】

高気圧,低気圧,前線,ジェット気流など天気図上に表される諸現象とその動向を解析して,大気の状態を総合的に究明する気象学の一分野。その規模は数十〜2000kmくらいで,寿命は数日間くらいの現象を研究の対象とする。
→関連項目気象力学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

総観気象学の関連キーワードアバークロンビービューフォート高層天気図理論気象学高橋浩一郎小倉義光高層大気天気学波動説温位

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android