コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総観気象学 そうかんきしょうがくsynoptic meteorology

3件 の用語解説(総観気象学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総観気象学
そうかんきしょうがく
synoptic meteorology

気象学の一分野で,数千kmの規模を扱うもの。それより大きい規模を地球規模といい,数百kmの規模を中規模という(→メソ気象学)。数百kmから 2000kmの規模も含めて中規模ということもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

総観気象学

天気図、雲分布、レーダー観測などを基に広い地域の大気の状態を解析して、その構造や変化を研究する気象学の部門。3000〜5000kmの水平スケール(総観規模)の高気圧や低気圧、前線などを扱うのが総観気象学で、約2〜2000kmの水平スケール集中豪雨、豪雪、雷雨、竜巻、積乱雲などの現象を扱うのがメソ(中規模)気象学。微気象学は、地面から地上約100mまでの気層の微細スケールの現象を扱う。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

総観気象学【そうかんきしょうがく】

高気圧,低気圧,前線,ジェット気流など天気図上に表される諸現象とその動向を解析して,大気の状態を総合的に究明する気象学の一分野。その規模は数十〜2000kmくらいで,寿命は数日間くらいの現象を研究の対象とする。
→関連項目気象力学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone