コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタン生成菌 メタンセイセイキン

デジタル大辞泉の解説

メタン‐せいせいきん【メタン生成菌】

水素二酸化炭素または酢酸メタノールなどの有機物からメタンを作り出し、エネルギーを獲得する嫌気性の微生物古細菌の一種。水田・湿地・海底・地下深部などに生息する。メタン菌メタン生成古細菌
[補説]オーストラリア西部の約35億年前の地層から採集された石英の中の気泡に、生物が合成したメタンが含まれていたことから、全生物の共通祖先に近い生物と考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

メタン生成菌の関連キーワード先カンブリア時代補説

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メタン生成菌の関連情報