コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタ化合物 メタかごうぶつ

大辞林 第三版の解説

メタかごうぶつ【メタ化合物】

〘化〙 ベンゼン環で、間を一つおいた位置(メタ位)に置換基をもつ化合物。記号 m - で表す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタ化合物
めたかごうぶつ
meta-compound

メタはギリシア語metaに由来し、「間に」あるいは「後に」を意味する接頭語で、次のような化合物の場合に使う。
(1)ベンゼン置換体のうち、置換基の位置が1位と3位の関係にある場合をいい、記号はm‐で表す。
(2)オキソ酸で、同じ中心原子で、同じ原子価のもののうち、形式的に水和の程度がもっとも低いものをメタ――酸とよぶ。たとえば、過ヨウ素酸では、オルト過ヨウ素酸H5IO6、メソ過ヨウ素酸H3IO5、メタ過ヨウ素酸HIO4のようによぶ。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メタ化合物の関連キーワードベンゼン環置換基記号