コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチシリン耐性黄色葡萄球菌 メチシリンタイセイオウショクブドウキュウキン

デジタル大辞泉の解説

メチシリンたいせい‐おうしょくぶどうきゅうきん〔‐ワウシヨクブダウキウキン〕【メチシリン耐性黄色××萄球菌】

耐性を獲得し、メチシリンという抗生物質が効かなくなった黄色ぶどう球菌。学名、スタフィロコッカスアウレウス。皮膚や鼻腔などに存在。院内感染の原因ともなる薬剤耐性菌であり、抵抗力の弱い手術後の患者や高齢者・未熟児などが感染しやすい。治療薬としてバンコマイシン、アルベカシンなどの抗生物質が有効。多剤耐性黄色ぶどう球菌。MRSA(Methicillin-resistant Staphylococcus aureus)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メチシリンたいせいおうしょくぶどうきゅうきん【メチシリン耐性黄色葡萄球菌】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

メチシリン耐性黄色葡萄球菌の関連キーワード多剤耐性黄色葡萄球菌ABC略語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android