コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メモリーマネージャー めもりーまねーじゃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メモリーマネージャー

MS-DOS環境のメモリー管理を行なうプログラム。MS-DOSは8088を搭載したIBM PCとともに登場したため、MS-DOSカーネルの管理可能な範囲は1Mbytesの範囲に限られている。さらに、IBM PCの標準的なアーキテクチャーでは、セグメント0000h~9FFFhまでがRAM、A000H~BFFFHまでがビデオメモリーやビデオBIOS、C000H~FFFFHまでが拡張BIOSなどの予約領域として設計されていた。つまり、MS-DOSのアプリケーションが利用可能なメモリーは、0000h~9FFFFhまでの640Kbytesのコンベンショナルメモリーのうち、MS-DOSが利用していない残りの領域にすぎない。8088(8086)が登場したころにはこれでも十分なメモリー領域であったが、その後、アプリケーション自体のサイズの増加や扱うデータが肥大化する中で、メモリー不足の問題が発生してきた。こうした問題に対処するため、コンベンショナルメモリー以外にアプリケーションが利用可能なメモリー領域を増加させる方式が考えられてきた。 最初に登場したのがバンク切り替え方式のEMS、次に登場したのが1Mbytes以上のメモリー領域のアクセス方式を決めたXMSであり、これらの規格を実装したのがメモリーマネージャである。現在のMS-DOSには、エクスパンドメモリーマネージャとしてEMM386.EXEが、エクステンドメモリーマネージャとしてHIMEM.SYSが付属しているが、サードパーティからもこれらのメモリー管理規約をサポートし、さらに独自の拡張を施したメモリーマネージャとして、QuarterdeckのQEMM386、QUALITASの386MAXなどが有名である。これらのメモリーマネージャでは、386以上のCPUで利用可能なページング機能を利用して、ビデオ領域やROM BIOSの領域もUMBとして利用できるようになる。また、Netroom3というメモリーマネージャでは、プロテクトモードで実行可能なBIOSやディスクキャッシュを組み込むことで、コンベンショナルメモリーの領域を広げる方式を採用している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

メモリーマネージャーの関連キーワードプライマリDOSパーティションゲイツDOSディスプレイグラバー32ビットディスクアクセス拡張DOSパーティションMS-DOS互換モードWindowsDoS攻撃PC-9801