コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラミン樹脂塗料 メラミンじゅしとりょうmelamine resin paint

2件 の用語解説(メラミン樹脂塗料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メラミン樹脂塗料
メラミンじゅしとりょう
melamine resin paint

アミノ-アルキド樹脂塗料の一種。付着力の弱いメラミン樹脂と硬度の低いアルキド樹脂の欠点を結合により補強したもの。プチル化メラミン樹脂にグリプタル樹脂を配合する。焼付け塗料として用いられ,110~130℃で,20~30分間焼付けて仕上げる。耐熱性,耐水性にすぐれ,塗膜が硬く,着色が美しい。自動車,冷蔵庫,洗濯機,家具などに使用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メラミンじゅしとりょう【メラミン樹脂塗料 melamine resin coating】

アルキド(短油性)樹脂とメラミン樹脂とを混合した塗料で,光沢のある焼付け塗料として自動車,電気製品などに広く使用されている。正確にはアルキド・メラミン樹脂塗料と呼び,アルキド樹脂が主体で,メラミン樹脂は焼き付けたとき,架橋剤として作用する。【大藪 権昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メラミン樹脂塗料の関連情報