コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルカーソン・ローゼンタール症候群 めるかーそんろーぜんたーるしょうこうぐんMelkersson-Rosenthal Syndrome

1件 の用語解説(メルカーソン・ローゼンタール症候群の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

めるかーそんろーぜんたーるしょうこうぐん【メルカーソン・ローゼンタール症候群 Melkersson-Rosenthal Syndrome】

[どんな病気か]
 口唇(こうしん)の腫脹(しゅちょう)、皺襞舌(しゅうへきぜつ)(「溝舌(溝状舌/ひだ舌)」)、顔面神経まひの3つを特徴とする病気です。口唇は蜂(はち)に刺されたように大きく腫(は)れますが、痛みはありません。数日でもとどおりになりますが、何回も再発をくり返すうちに、腫れが引かなくなってしまいます。舌には大きく深いしわができ(皺襞舌)、顔面神経がまひして表情が変わります。
[原因]
 むし歯や口腔内(こうくうない)の病気、鼻や副鼻腔(ふくびくう)の病気が原因となることがあります。
[治療]
 むし歯や歯科金属(歯冠(しかん)や矯正具(きょうせいぐ))、鼻炎(びえん)などが原因である場合は、その治療を行ないます。原因不明の顔の腫脹が再三おこる場合は、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを内服します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone