コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルカーソン・ローゼンタール症候群 めるかーそんろーぜんたーるしょうこうぐんMelkersson-Rosenthal Syndrome

家庭医学館の解説

めるかーそんろーぜんたーるしょうこうぐん【メルカーソン・ローゼンタール症候群 Melkersson-Rosenthal Syndrome】

[どんな病気か]
 口唇(こうしん)の腫脹(しゅちょう)、皺襞舌(しゅうへきぜつ)(「溝舌(溝状舌/ひだ舌)」)、顔面神経まひの3つを特徴とする病気です。口唇は蜂(はち)に刺されたように大きく腫(は)れますが、痛みはありません。数日でもとどおりになりますが、何回も再発をくり返すうちに、腫れが引かなくなってしまいます。舌には大きく深いしわができ(皺襞舌)、顔面神経がまひして表情が変わります。
[原因]
 むし歯や口腔内(こうくうない)の病気、鼻や副鼻腔(ふくびくう)の病気が原因となることがあります。
[治療]
 むし歯や歯科金属(歯冠(しかん)や矯正具(きょうせいぐ))、鼻炎(びえん)などが原因である場合は、その治療を行ないます。原因不明の顔の腫脹が再三おこる場合は、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを内服します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

メルカーソン・ローゼンタール症候群の関連キーワード溝舌(溝状舌/ひだ舌)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android