メール・ド・グラス氷河(読み)めーるどぐらすひょうが(英語表記)Mer de Glace

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メール・ド・グラス氷河
めーるどぐらすひょうが
Mer de Glace

フランス、アルプス最高峰のモンブラン山東面にある谷氷河。全長約13キロメートル。上流部はバレ・ブランシュ(白い谷)、ジェアン氷河などの広い氷原からなり、山岳スキー場として名高い。メール・ド・グラスは「氷の海」という意味で、正確にはこれらの氷原から流れ出す谷氷河(タキュール氷河)の下流部をさす名称である。山岳観光都市シャモニー・モンブランからは登山電車の便があり、アルプス最大の観光地の一つである。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android