コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モサラベ様式 モサラベようしき Mozarabic style

2件 の用語解説(モサラベ様式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モサラベ様式
モサラベようしき
Mozarabic style

スペインにおける中世キリスト教美術の一様式。イスラム統治下のスペイン(711以降)で,イスラム文化の影響を受けながら,独自の文化を形成したキリスト教徒モサラベ)の美術。建築のうえでは,9世紀頃からレオントレドを中心に馬蹄形アーチのようなサラセン的建築モチーフを使った聖堂が建てられ(エスカラダのサン・ミゲル聖堂,913頃),11世紀以降も特異なロマネスク建築の聖堂が建てられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モサラベ様式【モサラベようしき】

中世初期,イスラム統治下のスペインで行われたキリスト教美術。モサラベとはキリスト教徒でありながら文化的にイスラム化したスペイン人のこと。イスラム美術と伝統的スペイン美術の融合したものであるが,建築,写本絵画,金工品,象牙彫など全体に東方的装飾性が濃い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

モサラベ様式の関連キーワード初期キリスト教美術スペイン音楽徳目キリスト教会マラーノイバノボ岩窟教会群キリスト教徒コデックス《キリスト教における修練》東方キリスト教美術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone