コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象牙彫 ぞうげぼりivory carving

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象牙彫
ぞうげぼり
ivory carving

象牙に彫刻を施す技術またはその作品。旧石器時代から始り,古代エジプトメソポタミアで盛行した。その流れはエーゲ文明ギリシアローマ文明にも受継がれてヨーロッパ中世のゴシック象牙細工として開花し,聖堂内の小像,小箱,祭壇飾りなどに多く使われた。ことにバロック時代に入ると,その強い装飾性と豪華な点が時代の風潮に合致したため隆盛し,多くの象牙彫作家を生み出したが近代工芸の始りとともに衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞうげ‐ぼり〔ザウゲ‐〕【象牙彫(り)】

象牙を材料として彫刻したもの。牙彫(げぼ)り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

象牙彫【ぞうげぼり】

象牙を用いた彫刻,工芸の総称。色が美しく,きめが細かくて入念な細工ができるので古くから行われた。古代オリエント,ギリシア,ローマ,さらにカロリング朝オットー朝時代になって写本の装丁板,聖器等の祭具に利用され隆盛。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうげぼり【象牙彫 ivory carving】

象やマンモスの牙で制作された彫刻。ときには他の動物の骨や角が用いられることもある。象牙は,耐久性があり細工しやすく,洗練された気品のあるその素材ゆえに,多くの地域,時代において,小容器,浮彫板,小彫刻などに用いられた。
[西洋]
 先史時代以来,マンモスの牙の表面に狩りの場面を刻んだり,豊穣の願いをこめて彫られた象牙女性像が制作された(〈レスピューグビーナス像〉,サン・ジェルマン・アン・レー美術館)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の象牙彫の言及

【ビザンティン美術】より

…しかし材料の性質上,今日まで保存されているものは後期のものが多い。 以上に対して小彫刻ともいうべき象牙彫は,ビザンティン各期を通じて注目すべき発達をとげ,宗教図像(キリスト,聖母,聖人など)が盛んにあらわされ,また世俗的図像も見られる。これらは初期においていわゆる〈執政官のディプテュコン〉として多く用いられた。…

※「象牙彫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

象牙彫の関連情報