コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノアミンオキシダーゼ monoamine oxidase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノアミンオキシダーゼ
monoamine oxidase

モノアミン酸化酵素。 MAOと略す。アドレナリン酸化酵素,チラミナーゼ,スペルミン酸化酵素など多数の別名がある。モノアミン類が水と酸素の存在下で酸化され,そのアミンに対応するアルデヒドとアンモニア,過酸化水素が生成される反応を触媒する。神経系の機能に関係のあるアミンであるアドレナリンやセロトニンの分解に関与する点で,精神医学的に注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

モノアミンオキシダーゼ

 [EC1.4.3.4].アミンを酸化してアルデヒドを生成する反応を触媒する酵素.フラビン酵素.セロトニン,ノルエピネフリンドーパミンなどの生理的に重要な活性物質を基質とするものもある.動物組織に広く分布する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

モノアミンオキシダーゼの関連キーワードセントジョーンズウォートモノアミン仮説アクセルロッドアンフェタミンFAD

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android