コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジバフウ(紅葉葉楓) モミジバフウLiquidambar styraciflua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミジバフウ(紅葉葉楓)
モミジバフウ
Liquidambar styraciflua

マンサク科の落葉高木。北アメリカメキシコの原産。幹は高さ 45mに達し,樹皮赤褐色で深い溝があり,枝にはコルク質の翼がある。葉は長い柄をつけ心臓形で5~7裂し,上面は濃緑色,下面は淡緑色で脈に沿って毛がある。秋になると紅葉する。3~5月に,黄色で球状頭状花序をつけ,雌雄同株で花弁はない。集合果は光沢のある錆色の果実から成り,長い柄のある球形で翌年まで枝に宿存する。種子には翼がある。庭園に植えられる。日本でも公園樹や街路樹として都会地でよく植えられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モミジバフウ(紅葉葉楓)の関連キーワードマンサク科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android