コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラサン モラサンMorazán, Francisco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラサン
Morazán, Francisco

[生]1799.10.16. テグシガルパ
[没]1842.9.15. サンホセ
中央アメリカ連邦の政治家。大統領 (在任 1830~40) 。ホンジュラス出身で,中央アメリカ連邦結成に努力。 1827~30年 M.アルセ大統領に対する反乱に参加,連邦大統領になり,多くの民主的改革および反教会政策を打出したが,グアテマラを中心とする保守派ときびしく対立。 40年 R.カレラの反乱によってついに連邦は解体,モラサンは亡命した。 42年コスタリカに入国して連邦再建をはかったが,捕われて処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モラサン【Francisco Morazán】

1792‐1842
中央アメリカ連邦(中央アメリカ)大統領。在任1830‐39。ホンジュラスで生まれた。1827年にホンジュラスの首長となり,連邦共和国の初代大統領ホセ・アルセに対して反乱を起こし,中央アメリカ各地を転戦したうえ,30年に連邦共和国の大統領に就任。自由主義を旗印に諸改革を進めたが,保守派の抵抗にあって,40年にパナマからペルーへ亡命した。42年に帰国し,反乱軍の指揮をとったが,捕虜となってコスタリカで銃殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モラサンの関連キーワードサンフランシスコゴテラ民族抵抗武装軍フォンセカ湾李 登輝