コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラーレス

百科事典マイペディアの解説

モラーレス

スペインの作曲家。セビリア生れ。1535年−1545年ローマ教皇庁で聖歌隊員を務め,ミサ曲などを出版して名声を確立。その後スペインへ戻り,マラガ大聖堂などで聖歌隊長を歴任

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モラーレス【Luis de Morales】

1509?‐86
スペイン・マニエリスムの宗教画家。バダホスに生まれ,同市で没した。彼の,フランドル絵画とイタリア絵画に通じた様式からみて,その画風はポルトガルもしくはセビリャで形成されたと思われる。スペインにおける〈エッケ・ホモ〉と〈ピエタ〉の図像の決定者の一人。その深い宗教性ゆえに〈聖なるモラーレス〉と称され,各地の教会に数多くの祭壇衝立画を描いた。それらは美術館ではなく元の場所に残っているものが多い。【神吉 敬三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モラーレスの関連キーワードベラスコ(Juan Velasco Alvarado)J. ベラスコ・アルバラードグラシアン・イ・モラレスフェリペ[2世]カール[5世]ポリフォニースペイン文学スペイン音楽伊藤 亘行9月29日ヒュッシュビクトリアモラレスゲレーロベラスコカダルソ