コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルトマン モルトマンMoltmann, Jürgen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルトマン
Moltmann, Jürgen

[生]1926.4.8.
ドイツの神学者。ブレーメン教区およびブレーメンの大学付き牧師 (1953) ,ゲッティンゲン大学組織神学私講師 (57) ,ブッパータール神学大学教授 (58) ,ボン大学教授 (63) ,テュービンゲン大学教授。特に『希望の神学』 Theologie der Hoffnung (64) は世界の神学界に清新な衝撃を与え,革命の神学に関する論議を巻起した。その 10年後に出された『十字架につけられた神』 Der gekreuzigte Gott (72) は,キリスト教の神は無感動な神ではなく,苦しむ神であることを主張し,神観念の再考を促している。主著はそのほか『聖霊の力における教会』 Kirche in der Kraft des Geistes (75) ,"Wer ist der Mensch'?" (75) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モルトマン【Jürgen Moltmann】

1926‐
ドイツプロテスタント神学者。牧師を経て,ボン,後にチュービンゲン大学組織神学教授。当初改革派の研究をしたが,やがてE.ブロッホオランダの神学者ファン・リューラーA.A.Van Rulerに触発されて《希望の神学》(1964)を著し,20世紀後半の神学の一潮流の代表者となった。その特徴は,終末論の将来的ならびに社会的次元を強調するところにある。やがて《十字架につけられた神》(1972),《三一論と神の国》(1980)と主題を転じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モルトマンの関連キーワード大正天皇昭和ビシケクイギリス映画小作争議文芸時代アパート猪熊弦一郎円本大河内伝次郎