コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレイラ Moreira, Ignacio

2件 の用語解説(モレイラの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モレイラ Moreira, Ignacio

1538-? ポルトガルの地理学者。
東インド地方に長期滞在。バリニャーノが引率した天正(てんしょう)遣欧使節の帰国に同行し,天正18年(1590)来日。2年間の滞日中,西日本の経緯度を実測し,はじめて科学的日本図を作成する。原図はうしなわれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

モレイラ

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:1538頃
ポルトガル地理学者東インド諸地方に20年以上滞留し,天正18(1590)年インド副王使節ヴァリニァーノに同行して来日。新発見諸国の地図作成に専念し,2年間の日本滞在中に薩摩(鹿児島県)から京都に至る地の緯度測定を行い日蝕を観測。蝦夷に関する情報を集めラテン語文「蝦夷人の島」を残す。蝦夷島の作図も行われたとされる。原図は失われたが日本図を作成した。カルディムの描いた日本図(1646)はその影響を強く受け,地図屏風(南蛮屏風のうちで地図を描いたもの)もまた長崎のイエズス会に残されたと推測される写図から影響を受けたとされる。<参考文献>岡本良知『十六世紀における日本地図の発達』

(五野井隆史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モレイラの関連キーワード自然地理学ポルトポルトガル語クロンチョン東インドポルトセグーロルドンドポルトガル・ポインターポルト(ポート)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モレイラの関連情報