コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレイラ Moreira, Ignacio

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モレイラ Moreira, Ignacio

1538-? ポルトガルの地理学者。
東インド地方に長期滞在。バリニャーノが引率した天正(てんしょう)遣欧使節の帰国に同行し,天正18年(1590)来日。2年間の滞日中,西日本の経緯度を実測し,はじめて科学的日本図を作成する。原図はうしなわれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

モレイラ

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:1538頃
ポルトガル人地理学者。東インド諸地方に20年以上滞留し,天正18(1590)年インド副王使節ヴァリニァーノに同行して来日。新発見諸国の地図作成に専念し,2年間の日本滞在中に薩摩(鹿児島県)から京都に至る地の緯度測定を行い日蝕を観測。蝦夷に関する情報を集めラテン語文「蝦夷人の島」を残す。蝦夷島の作図も行われたとされる。原図は失われたが日本図を作成した。カルディムの描いた日本図(1646)はその影響を強く受け,地図屏風(南蛮屏風のうちで地図を描いたもの)もまた長崎のイエズス会に残されたと推測される写図から影響を受けたとされる。<参考文献>岡本良知『十六世紀における日本地図の発達』

(五野井隆史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

モレイラの関連キーワード国境防御の町エルバスとその要塞群J.J.P.ラウル ジ・スーザマルコ アウレリオフローラ プリムマイク ウォルフロナウジーニョチック コリアアダレイ岡本良知エルバスアシス

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モレイラの関連情報