コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納氏 にいろうじ

1件 の用語解説(新納氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にいろうじ【新納氏】

南九州の武家。薩摩・大隅・日向守護家島津氏の4代忠宗の子時久は,1335年(建武2)日向国新納院(現,宮崎県児湯郡高鍋町付近)の地頭職を与えられ,その所領地名をとって姓とした。当時島津5代貞久は新しく日向経営にのり出し,兄弟を日向に分置し新納氏のほか北郷氏,樺山氏と分家をたてた。しかし新納院は日向大将畠山直顕(ただあき)にすぐ奪われたので,新納氏は57年(正平12∥延文2)ころから1538年(天文7)まで志布志松尾城を居城とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新納氏の関連キーワード島津貞久島津忠久島津氏久島津勝久島津忠隆島津忠綱島津忠治島津久豊(1)島津元久島津師久

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone