コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納氏 にいろうじ

世界大百科事典 第2版の解説

にいろうじ【新納氏】

南九州の武家。薩摩・大隅・日向守護家島津氏の4代忠宗の子時久は,1335年(建武2)日向国新納院(現,宮崎県児湯郡高鍋町付近)の地頭職を与えられ,その所領地名をとって姓とした。当時島津5代貞久は新しく日向経営にのり出し,兄弟を日向に分置し新納氏のほか北郷氏,樺山氏と分家をたてた。しかし新納院は日向大将畠山直顕(ただあき)にすぐ奪われたので,新納氏は57年(正平12∥延文2)ころから1538年(天文7)まで志布志松尾城を居城とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

新納氏の関連キーワード新納忠元