コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロ教会 モロきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

モロきょうかい【モロ教会】

フィリピン中部ヴィサヤ諸島のパナイ島南岸、イロイロ市にある、18世紀のゴシック様式ルネサンス様式カトリック教会。市街中心部から3kmほど離れたところにある。サンゴ礁石灰岩を使って建設され、竣工(しゅんこう)したのは19世紀に入ってからといわれる。尖塔の赤い屋根が目印になっている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モロ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【モロ教会】

Molo Church》フィリピン中央部、ビサヤ諸島最西端のパナイ島の都市イロイロにあるローマカトリックの教会。1831年に建造。同国では珍しいゴシック様式。赤い屋根の二つの鐘楼をもち、外壁に加工珊瑚が用いられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android