コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンクトン モンクトンMoncton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンクトン
Moncton

カナダ,ニューブランズウィック州東部の都市。交通の中心地。初めフランス人が植民したが,1763年にアメリカ合衆国のペンシルバニア州からドイツ人が移住。 1960年代にフランス語系のモンクトン大学が設けられ,州内のフランス系住民の文化,教育の中心となった。ファンディ湾に注ぐプチコディアク川の河口より 40kmも内陸にあるが,満潮時に発生する 1.2mに及ぶ高潮で有名。人口5万 7010 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モンクトン(Moncton)

カナダ南東部、ニューブランズウィック州南東部の都市。シグネクト湾に注ぐペティコディアック川に面する河港がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンクトン
もんくとん
Moncton

カナダ、ニュー・ブランズウィック州南東部の同州第二の都市。人口6万1046(2001)。シグネクト湾に流入するペティコディアック川左岸に位置する。河港をもち、鉄道交通の要地で、りっぱな空港がある。木製器具、毛織物工業が発達するほか、付近に豊富な油田・ガス田があり、将来の開発が期待されている。最初フランス人が入植し、18世紀中ごろドイツ人が大量に移住し、開拓した。1855年にモンクトン将軍を記念して現市名に改名された。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モンクトンの関連キーワードバス・ノースイーストサマセットウィリアム・スチュワート ホアジェヒュー ゴードンW.T. モンクトン6月19日カナダ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンクトンの関連情報