モンクトン(英語表記)Moncton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナダ,ニューブランズウィック州東部の都市。交通の中心地。初めフランス人が植民したが,1763年にアメリカ合衆国ペンシルバニア州からドイツ人が移住。 1960年代にフランス語系のモンクトン大学が設けられ,州内のフランス系住民の文化,教育の中心となった。ファンディ湾に注ぐプチコディアク川の河口より 40kmも内陸にあるが,満潮時に発生する 1.2mに及ぶ高潮で有名。人口5万 7010 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カナダ南東部、ニューブランズウィック州南東部の都市。シグネクト湾に注ぐペティコディアック川に面する河港がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナダ、ニュー・ブランズウィック州南東部の同州第二の都市。人口6万1046(2001)。シグネクト湾に流入するペティコディアック川左岸に位置する。河港をもち、鉄道交通の要地で、りっぱな空港がある。木製器具、毛織物工業が発達するほか、付近に豊富な油田・ガス田があり、将来の開発が期待されている。最初フランス人が入植し、18世紀中ごろドイツ人が大量に移住し、開拓した。1855年にモンクトン将軍を記念して現市名に改名された。

[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android