モンシロドクガ(読み)もんしろどくが(英語表記)brown tail moth

  • Euproctis similis
  • もんしろどくが / 紋白毒蛾

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昆虫綱鱗翅(りんし)目ドクガ科に属するガ。はねの開張17~30ミリ。一般に夏から秋に出る成虫は小形、雄は雌より小さい。体、翅とも純白、腹部の先端部は橙(だいだい)色。前翅の翅底部、基部の近くと後角の近くに黒褐色紋をもつことが多い。日本本土、隣接大陸からヨーロッパにかけて分布域が広い。年2、3回発生し、幼虫はバラ科やブナ科につく。幼虫の毒針毛は、繭、成虫体につき、人の皮膚に刺さると炎症をおこす。クワノキンケムシとよばれる幼虫も本種である。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android