コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンシロモドキ Nyctemera adversata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンシロモドキ
Nyctemera adversata

鱗翅目ヒトリガ科。前翅長 24~26mm。体は細く,翅は広い。体は白色で黒点があり,腹端は黄色。翅も白色で黒色斑が多い。触角は櫛状であるが,雌では枝が短い。成虫は年2回出現する。昼間活動し,チョウのように飛ぶ。花に集るが,灯火にも来る。幼虫はサワオグルマスイゼンジナなどキク科植物を食べる。本州以南の日本全土,台湾,中国,インドに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンシロモドキ
もんしろもどき / 擬紋白蝶
[学]Nyctemera adversata

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヒトリガ科に属するガ。はねの開張50~60ミリ。体翅とも白色であるが、頭胸部と尾端は橙黄(とうこう)色。はねは幅広く、中央部と外縁部に帯状の黒褐色斑紋(はんもん)がある。はねの形、色彩や斑紋がシロチョウ科とよく似ており、しかも昼飛性でよく花に集まるのでチョウと間違いやすいが、触角が櫛歯(くしば)状をなし、チョウとの区別は容易である。本州以南、琉球諸島、台湾、東南アジアに広く分布する。関東地方でしばしば採集されるのは、おそらく迷ガで、土着地は伊豆半島以西と考えられる。昼間活動するが、しばしば灯火に飛来する。幼虫はサワオグルマ、コウゾリナ、スイゼンジナなどキク科植物に寄生する。
 ヒトリガ科のなかのモンシロモドキ亜科は、東南アジアに多数の種が分布し、いずれの種もシロチョウ科と似ているが、擬態関係については明らかではない。日本では、モンシロモドキ以外の近縁種は、屋久(やく)島以南に4種が知られている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モンシロモドキの関連キーワード井上

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android