モンテンルパ(英語表記)Montin Lupa

大辞林 第三版の解説

モンテンルパ【Montin Lupa】

フィリピン、マニラの南24キロメートルに位置する都市。太平洋戦争後、日本人戦犯が服役した刑務所がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

モンテンルパ(Muntinlupa)

フィリピン、大マニラ首都圏を構成する都市の一つ。マニラの南方約25キロメートルに位置する。第二次大戦後、日本人捕虜収容所として使われた刑務所があり、戦犯となった山下奉文(ともゆき)ら17名が近郊のロスバニョスで処刑された。日本人墓地や平和祈念塔などがある。ムンティンルパ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンテンルパ
もんてんるぱ
Muntinlupa

フィリピン北部、ルソン島南西部にある都市。もとはリサール州に属したが、現在はマニラ大首都圏の一部となっている。人口37万9310(2000)。マニラの南方24キロメートルに位置し、高速自動車道が通じる。第二次世界大戦後、市内のニュービリビッド刑務所が山下奉文(ともゆき)大将をはじめとする日本人戦犯の収容所となり、この町の名が日本に知られた。処刑場の跡には日本式の霊園が設けられている。[高橋 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

モンテンルパ

(Montinlupa) フィリピン共和国、マニラの南西方二五キロメートルにある都市。第二次大戦後旧日本軍人が抑留されたニュービリビッド刑務所がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンテンルパの関連情報