コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下奉文 やましたともゆき

5件 の用語解説(山下奉文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山下奉文
やましたともゆき

[生]1885.11.8. 高知
[没]1946.2.23. マニラ
陸軍軍人。第2次世界大戦におけるシンガポール攻略にあたり,イギリス軍司令官 A.パーシバルに「イエスか,ノーか」と無条件降伏を迫ったことで有名。 1905年陸軍士官学校,16年陸軍大学校卒業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

山下奉文【やましたともゆき】

軍人,陸軍大将。高知県生れ。陸軍大学校卒。皇道派の青年将校を支持。太平洋戦争が始まると,マレー方面軍・満州第一方面軍・フィリピン方面軍で司令官を務めた。戦後,マニラの軍事裁判でフィリピンにおける日本軍の戦争犯罪の責任を問われ,死刑。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下奉文 やました-ともゆき

1885-1946 大正-昭和時代前期の軍人。
明治18年11月8日生まれ。北支那方面軍参謀長,航空総監を歴任。太平洋戦争では第二十五軍司令官としてシンガポールを攻略。昭和19年第十四方面軍司令官となりフィリピン防衛にあたる。陸軍大将。戦後マニラの軍事裁判で捕虜虐待などの責任をとわれ,昭和21年2月23日処刑された。62歳。高知県出身。陸軍大学校卒。
【格言など】私は知らなかった。しかし,私に責任がないとは言わない(捕虜虐待の責任をとわれて)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やましたともゆき【山下奉文】

1885‐1946(明治18‐昭和21)
陸軍軍人(大将)。高知県出身。陸軍士官学校,陸軍大学校を卒業。オーストリア大使館兼ハンガリー公使館付武官,陸軍省軍事課長などをへて1935年に陸軍省軍事調査部長に就任し,翌年の二・二六事件の勃発に際しては反乱軍に対して好意的立場をとる。また,北支那方面軍参謀長時代の39年には天津の英仏租界を封鎖するという強硬方針をとって,国際問題を引き起こした。太平洋戦争が開始されると,第25軍司令官としてマレー攻略作戦を指揮し,短期間のうちにシンガポールを陥落させて一躍,国民的英雄となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やましたともゆき【山下奉文】

1885~1946) 軍人。陸軍大将。高知県生まれ。1941年(昭和16)マレー作戦・シンガポール攻略を行なった。のちフィリピン作戦を指揮、第二次大戦後マニラで戦犯として処刑。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の山下奉文の言及

【バギオ】より

…町は09年マニラに次ぐ2番目の政令都市に昇格,植民地時代の夏の主都として有名であった。45年9月フィリピンの日本軍(山下奉文大将)は,ここのアメリカ軍キャンプ(ジョン・ヘイ)で降服に正式調印した。マニラからの道路距離は250km,〈パイン・シティ〉の愛称をもつフィリピン最大の高原避暑地として現在もシーズン中はたいへんにぎわう。…

※「山下奉文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

山下奉文の関連キーワード633美の里いの(町)吾北東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山下奉文の関連情報