コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンディノ モンディノ Mondino dei Liucci

2件 の用語解説(モンディノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンディノ
モンディノ
Mondino dei Liucci

[生]1275頃.ボローニャ
[没]1326頃.ボローニャ
イタリアの医師,解剖学の祖。薬剤師の子として生れ,医学を志してボローニャ大学に学び,そこで学位を得て,のちボローニャ大学の解剖学教授となり,終生その職にあった。その間,1306年以後,学生の教育に際して人体解剖を示し,その説を裏づけたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンディノ
もんでぃの
Mondino de Luzzi
(1270?―1326)

イタリアの解剖学者。ボローニャ生まれ。生地の医学校に学び、同校教授。ヨーロッパ中世の解剖学者としては早期の1316年に自ら執刀して人体解剖を行い、解剖学書を出版した。その内容はガレノスと中世アラビア医学の水準を超えるものではなかったが、当時の古典医学書に盲従するのみの伝統的医学者たちに対する警鐘となった。近代医学黎明(れいめい)期の先導者として意義が大きい。[澤野啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンディノの関連キーワードボローニャソーセージエミリアロマーニャボローニャの斜塔ナイト・オブ・ボローニャボローニャ サーティファイド エディションボローニャ市立劇場管弦楽団ボローニャ セルロイドボローニャ ディバインボローニャ・パッションヤコポ・ダ・ボローニャ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone