コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンマス公 モンマスこう

2件 の用語解説(モンマス公の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モンマス公【モンマスこう】

イングランド国王チャールズ2世の庶子。父の亡命中にオランダロッテルダムで生まれ,王政復古により帰国,公爵になる。叔父のヨーク公(後のジェームズ2世)と王位継承を争い,プロテスタントであったため反ヨーク派にかつがれて,しばしば陰謀に加担し,国外追放処分をうけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モンマスこう【モンマス公 James Scott,Duke of Monmouth】

1649‐85
イギリス国王チャールズ2世の庶子。父の亡命中オランダのロッテルダムで生まれ,王政復古後帰国して公爵となる。叔父のヨーク公と王位相続を争い,プロテスタントの反ヨーク派にかつがれ,陰謀に荷担したかどで1679,84年の2度にわたって追放処分をうけた。85年ヨーク公がジェームズ2世として即位すると,王位継承権を主張して小部隊を率いて南西部のライム・リージスに上陸,民衆のかなりの支持を集めたが,支配階層の人々は動かず,セッジムーアの戦に敗れて,斬首された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のモンマス公の言及

【名誉革命】より

…結局この法案は成立せず,85年ジェームズ2世が即位した。その直後,これに反対して前王の庶子モンマス公が反乱を起こしたが,支配階層は動かず,あえなく鎮圧された。国王はこの反乱に対して〈血の巡回裁判〉と呼ばれる極刑をもって臨み,議会を休会し,審査法を無視してカトリック教徒を文武の官吏に登用,ロンドン周辺には国民の嫌う常備軍を配置し,宗教裁判所を復活させた。…

※「モンマス公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンマス公の関連キーワード首長令チャールズチャールストンフィリップイギリス国教会キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルイギリス巻チャールズ大帝キング・チャールズ・スパニエルキャロラインチャールズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone