コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モン族 モンぞくMon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モン族
モンぞく
Mon

かつてはタライン族 Talainともいわれた。タイ中西部とミャンマー (旧ビルマ) 東部のデルタ地帯に住む民族。人口約 100万と推定される。中国西部から東南アジアに移住したモンゴロイド系の人々で,インド文化や部派仏教の影響を受け,ビルマとタイに定着した。形質的には同系のパラウン族よりもやや短頭で鼻も大きい。7世紀にメナム川の下流ロッブリークメール帝国から分れたドバーラバティー王国を建設。9世紀にはビルマのペグが中心都市となり文字,インド文化,稲作などを伝えた。 11~18世紀にかけて北部のビルマ人と抗争し,1740~57年の短期間の独立後ビルマ人に滅ぼされ,一部はタイに逃れて定着した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モン族

ラオスのほか雲南省など中国南西部、ベトナム、タイ北部などに住む。中国の苗(ミャオ)族とつながりがあるといわれ、「空の民」と呼ばれる山岳少数民族。男たちは勇猛さで知られ、インドシナ戦争ベトナム戦争でフランスや米国に利用されゲリラ戦に投入された。女性は独特の刺繍(ししゅう)の民芸文化を伝承してきた。

(2007-03-19 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンぞく【モン族 Mon】

ミャンマー南部のデナッセリム川流域,イラワジ川デルタ地帯,およびタイの中部,西部に散在する民族で,アウストロアジア語族のモン・クメール語族に属するモン語を使用する。現在総人口40万あまりの少数民族になっているが,かつてはインドシナ半島にいくつかの王国を成立させた大民族であった。タイのドバーラバティハリプンジャヤ,ビルマのペグーなどがその例であるが,11世紀以降,南下してきたタイ族,ビルマ族の攻略をうけて衰退し,1757年にビルマによって滅ぼされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモン族の言及

【タイ】より

…チベット・ビルマ語派に属するカレン族が最大のグループで,13万人以上がミャンマー国境沿いの山地に居住している。そのほかに,ミヤオ族(モン族),ヤオ族,ラフ族,リス族,アカ族などが含まれる。これらの部族民は主として隔絶した山地において焼畑耕作に従事し,独自の社会と文化を形成している。…

【タイ・ビルマ戦役】より

… タイ・ビルマ戦役の結果,チエンマイは200年にわたりビルマに服属したが,1767年タークシン王がビルマ遠征軍を駆逐してタイの独立を回復すると,再びタイに服属し,やがてこれに併合された。テナッセリム,メルギー(ベイ),タボイ(ダウェー),マルタバン(モウタマ)などのマレー半島西岸の諸港市はインド洋貿易の重要な基地であり,その利権をめぐる両国の抗争は,ペグーを中心とするモン族の政治勢力とその海上交易の消長とも深くかかわっていると思われ,タイ・ビルマ戦役の考察には下ビルマにおけるモン族の存在を見のがすことはできない。【石井 米雄】。…

※「モン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モン族の関連キーワードシュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉ワットプラパトムチェディシュエターリャウンパゴダサンタエレナデウアイレンドバーラバティー文化ゴー・クアン・ハーイダビンシュウェティードバーラバティ美術チャイプーンパゴダタビンシュエティービンニャー・ダラパデータヤーザーパガン(蒲甘)朝ミャゼディパゴダハリプンジャヤ国ナンダ・バインモーラミャインタイの山岳民族サンクラブリープラプラデーン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モン族の関連情報