コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーゼン モーゼンMosen, Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーゼン
Mosen, Julius

[生]1803.7.8. マリーエナイ
[没]1867.10.10. オルデンブルク
ドイツの作家。 1844年オルデンブルクの宮廷劇場の演劇顧問。修辞学的に誇張した亜流の歴史劇,通俗詩,短編小説などを書いた。主著,叙事詩『騎士ワーンの歌』 Das Lied vom Ritter Wahn (1831) ,『詩集』 Gedichte (36) ,戯曲集『劇場』 Theater (42) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モーゼンの関連キーワード少年カウボーイくるみの木7月8日

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android