コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤクシマラン Apostasia wallichii R.Br.ex Wall var.nipponica Masam.

2件 の用語解説(ヤクシマランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤクシマラン【Apostasia wallichii R.Br.ex Wall var.nipponica Masam.】

日本のランの中でその花の形が最も原始的とされる地生ラン。九州の南部にわずかに分布する。根茎は短い。茎は高さ10cm以内。葉は5枚前後で,狭卵形,長さ2~3cm。7月ころ,茎頂に数花をつける。花は黄色,径1cm弱。萼片と花弁はほぼ同形で軽く反り返り,ほぼ放射相称で距はない。おしべとめしべは離生していて,他のラン科植物のように合生して蕊柱(ずいちゆう)をつくることはなく,柱状のめしべの下部で分かれた2個の稔性のあるおしべと1個の仮雄蕊がめしべを取り囲む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤクシマラン
やくしまらん / 屋久島蘭
[学]Apostasia wallichii R. Br. var. nipponica Masamune

ラン科の多年草。根茎は横走する。茎は直立し、高さ約10センチメートル。葉は数枚互生し、披針(ひしん)形で長さ2~3センチメートル。7月ころ、茎頂に黄色で径約8ミリメートルの花を数個開く。3枚の萼片(がくへん)と3枚の花弁とが、ほぼ放射相称に並ぶ。各花被片(かひへん)はやや反り返る。距(きょ)はない。合着する雌しべと雄しべは先端で分かれ、雌しべの周りを2本の雄しべと1本の仮雄蕊(かゆうずい)が取り囲む。常緑樹林の林床に生え、九州南部に分布する。
 この属は花被片が放射相称であるなどの点でラン科のほかのものと異なり、ヤクシマラン科として独立させることがある。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤクシマランの関連キーワード魚は鯛花時菊皿原始的殊に羅鱶奄美の黒兎原始的反応天地根元造梅花卵/梅花玉子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone